人種差別という壁

白人至上主義者による弾圧

人種差別によって生じた奴隷問題だが、これは後々アメリカにとって不利な存在になるとも言われていたのです。人を雇うという点であれば問題ない、しかし奴隷は野党ではなく所有する事にあたる行為だ。そこに人権などなければ、奴隷自身の意思も存在しない。許されるはずもない、その点は誰に言われるまでもなく分かっていたという人も多かったという。ですがそれでも根強く残り続けていたのには、やはり偏見を根絶しきれなかったからでしょう。

徹底的な白人たちによる黒人の弾圧、逆らえば殺してもいいという社会の中で生きることも死ぬことも許されない。黒人たちの精神が限界に差し掛かり、逃亡するものも後を絶たなかったようだ。中には憲法を理由に奴隷であることは違法だと訴えた黒人の活躍により、奴隷制度を廃止したアメリカの州もありました。しかしそれでも奴隷という存在は消えることなく、歪な社会の闇として根を貼り続けていたのです。

アメリカに興味がある方へ

若者が多く集まる店舗経営をしている方は必見! あれもダメ、これもダメとなりつつある音楽なら著作権フリー ポップハウス 特集をしているWHITE BGMがとっておきの開放感ある楽曲を収録したCDをご紹介しております!

黒人たちの反攻

逆らえば殺される、いうことを聞かなければ家族がどうなるかもしれない、何処まで言っても奴隷である黒人たちの状況は変わりませんでした。奴隷である事、自分たちの存在を守るためにも決起した、という人たちも存在しています。実際、奴隷たちによる反攻作戦が繰り広げられた。武器を取り、本当の意味での自由を求めた人々の闘争もまた記録に残されています。

特に有名な反攻作戦といえば、

などがある。

独立戦争が終わり、宣言が為されてからアメリカの歴史は始まった。けれどいつまで経っても自分たちの状況が改善されなければ、反乱が起きるのもやむ無しだ。ただ反乱を起こして成功した事例は少なく、大半が反乱の果てに首謀者を含めた奴隷たちを処刑する形で終わりを迎えている。

指導者の存在

奴隷たちの反乱の中でも『ナット・ターナーの反乱』はある意味有名かもしれません。ナット・ターナーという黒人奴隷は通常の奴隷よりも教養を持ち、時折幻視を見ていたと言われています。彼を筆頭に立ち上がって自分たちの自由を勝ち取ろうとする有志の者達により反乱は起きた。

最初はナット・ターナーを含め、彼が信頼できる仲間たちで始まっていったという。奴隷は解放し、白人は女子供構わず見つけ次第殺し尽くしたという。解放された奴隷たちも加わり、最終的に50名以上の黒人たちによる反乱が行われたことで事態が大きくなっていった。ただナット・ターナー本人は誰しも殺していいとは考えておらず、投降さえすれば殺さない方針だったというが仲間たちは違っていた。自分たちを虐げてきた白人に慈悲など掛ける必要はない、例え女であろうと子供であろうと容赦なく殺戮していった。

こうした姿は1世紀代におけるヴァイキングを髣髴とさせる。無抵抗な修道院の人々を上陸したヴァイキングたちは無残に殺し尽くし、抵抗の意思がない人々を躊躇無くその手にかけていった。集団はまさに暴走状態へと陥り、これ以上の被害拡大を防ぐためヴァージニア州から派遣された部隊により反乱開始から48時間以内に鎮圧された。

その後反乱に関わった全ての黒人は怒り狂う白人たちにより拷問の果てに殺害されてしまいます。首謀者のナット・ターナーに至っては是非を問うまでもなく死刑が執行され、その体は死後も無残に引き裂かれたという。それらを白人たちが土産に持ち帰ったとも言われているため、狂気の沙汰としか思えません。

それだけ酷い社会だった、ということなのだろう。

奥が深い外国の歴史

スリムビューティーハウスが顧客満足度は98%と非常に高いのには訳があります。その訳はスリムビューティーハウスの口コミを検証 http://xn--o9jl2nma0e6ac5htdsb5jd0e7c9oc7145l1tgp73z.net/でチェックしてみてください♪

ナット・ターナーの反乱以後

ナット・ターナーは自分たちの自由を勝ち取るためと思い行動したが、彼らのせいで事後における黒人達の立場を危うくもしてしまった。反乱こそ50名程度で全員処刑されたが、それでも怒りが収まらない白人たちは事件とは全く無関係の黒人奴隷たちを100人以上も殺害したという。連帯責任と言わんばかりに駆逐されていき、また反乱を起こされては元も子もないため厳格な法律の制定などを定める州も出てしまった。

まだ理性を持って行動をしていれば事態は変わっていたのかもしれません。ただ白人たちに対する憎しみが強かったため、抑えきれなかったというのが正しいところなのかもしれません。奴隷制度は無くなるどころか、より人種差別する意識を高めてしまったのです。抑えこもうとする白人社会による弾圧、それがやがてアメリカ合衆国を北と南に分断する騒ぎにまで発展してしまうのだった。

ドキュメンタリーのおすすめ作品