どうしてこの映画を作ったのか

映画を作る上で

タランティーノ氏がどうしてジャンゴのような奴隷問題を取り上げた作品を作りたかったのか、その理由は改めて奴隷問題・人種差別について考えようと提起したかったからだろう。アメリカでは今でも当然のように行われている差別問題、それは現大統領であるバラク・オバマ氏が就任した時にも少なからず湧き上がっていた。ですが結果的に現行大統領の中で初の黒人がアメリカの頂点を至ったということで、世界においても注目を集めた話題であるといえます。

エンターテイメント性を重視していると思うかもしれませんが、この話題はどの国も他人事ではありません。中でもアメリカがより深刻だ、というだけで無縁という国は世界のどこを探してもありはしないのだ。日本ではそうした差別を受けたといえば性別での職務問題という面、あるいは友人同士に見られるイザコザといった点でしょう。

差別なんてないと言い切れる人はいません、また根付いているからこそ表現の世界でも恐ろしいほどの偏見で描かれているケースがあります。ジャンゴに見られるような差別表現はむしろ軽い方で、歴代の映画作品の中には白人至上主義と思わせる、黒人も黄人も侮蔑している作品が多々見られます。

アメリカに興味がある方へ

差別表現が問題になった作品

過去公開されてきた映画には、日本でも大ヒットした作品が多くあります。しかし調べてみると実は非常に差別的な表現があり、当時はそれが問題になったという話題もあった。知らない人はどこまでも知らない話題ですが、その大半が世界的に有名なものばかりだという点にも着目してもらいたい。

スターウォーズ・エピソード1 ファントムメナス

新エピソードも公開されて、日本でも根強い人気があるスターウォーズシリーズ。こちらの1999年に公開されたエピソード1の作中において差別を示唆する表現がされていました。それは鉤鼻でお金にガメついワトー、鼻がペッタンコなネモイディアンなどのエイリアン達がその象徴です。どの辺がと思いますが、実はこうしたエイリアンをモチーフにしたのは、ユダヤ人や日本人などの典型的とも言える悪いイメージを参考にして作られたという。

満を持して公開されましたが、そんな人種差別を呈する内容に非難の声が集まってしまいルーカス監督がテレビで弁明する羽目になったのは、有名な話だ。

ティファニーで朝食を

歴代の名女優オードリー・ヘップバーンが主演し、その人気を不動のものにした『ティファニーで朝食を』もまた人種差別を連想させる表現があります。自身の信念に従って生きる気高い女性が描かれている作品として有名ですが、作中では日本人のイメージとして取り上げたのか『黄色い顔に黒縁の丸メガネを掛けた出っ歯男』が登場するという。

当時のアメリカ人が日本人を最高度に侮蔑したと言われているほどで、実は超差別的映画だと罵られているのだ。

ミスター・ソウルマン

典型的に黒人を差別している作品もある。1986年に公開された『ミスター・ソウルマン』という作品の中で、白人である主人公が名門の大学院に合格するも、学費の問題から黒人だけが受けられる奨学金を目当てに顔を黒く塗って黒人に扮するといった表現があります。やり過ぎ感が否めません、当然のように批判や抗議は殺到するものの予想を超える大反響で映画は成功してしまいます。

差別を強調した内容となっていますが、映画として成功してしまっているのが何とも皮肉な話だ。

ダンボ

実写映画のみならず、実は子供向けの名作映画でもそうした差別を示唆する内容が盛り込まれている物もあります。有名なものがディズニー映画である『ダンボ』で、作中に登場するカラスの声を白人男性が演じたことから問題が起こった。黒人の声を真似て演技していたが、それがあまりに差別と偏見に満ち満ちたものとなっていたため、当時はかなり抗議が殺到したという。

また創業者であるウォルト・ディズニー氏にも、人種差別主義者だったのではないかと黒い噂が立っているなど、子供の夢を創りだす人にしてはあまりに真っ黒な憶測が見え隠れしていた。

風と共に去りぬ

日本の宝塚歌劇団でも度々作品として演じられている『風と共に去りぬ』もまた、差別表現が見られる。どの辺がと言うと、全体的に奴隷制度は当然だったと美化するような表現とアメリカ人兵士を英雄扱いするような内容だったことから、評論から痛烈に批判された作品でもあります。

原作においては時代とともに白人至上主義は崩壊したことを意味するタイトルが名付けられましたが、超差別的な表現に憤りを覚えた人が多いという。

奥が深い外国の歴史

別段珍しい話ではない

こうした映画内で人種差別や奴隷問題など、過去における悪逆を賛美するような表現が為されている事が多いという。アメリカといえば最も人種差別が問題になっている国なので、ナーバスな問題に気を配っているかと思いきや、むしろネタにしているのではないかと思われてしまうような軽んじた表現が目立っている。上記にあげた作品はどれも現在まで語り継がれているほどの有名なものばかりですが、あくまで氷山の一角でしかなかった。

売れれば何でも良い、そうした根本の問題なのかもしれません。

ドキュメンタリーのおすすめ作品

検討の方はこちら!エアコン 工事 工事長の話 新着情報あります。

7. 授業時間が長く、自身のやる気次第で、短期留学でも成長が期待出来る。english-village.netを見てください。